○HOME○企業理念○事業所○製品ラインナップ○環 境○創 造○採用情報

新製品情報

電線ケーブル検索



 東京電線工業について
CORPORATE PROFILE : TOKYO ELECTRIC WIRE INDUSTRIAL CO., LTD.
 

 東京電線工業株式会社は1954年(昭和29年)に東京都狛江市に創業致しました。 1961年(昭和36年)には本社工場を新築し、JIS規格表示許可工場となり、電子機器市場の内部配線用電線を中心に展開、企業としての基盤を確立致しました。

 
電子機器市場に参入した際、基本思想として『使う側の立場』での厳しい要求を満たす事 が当社を発展、飛躍させる原点であると確信し実践して参りました。
 具体的には、お客様が希望される当社特有の製品を提供する事、お客様からのご注文に対して確実に納品する事、お客様に適正な価格で製品を供給する事、
お客様が安心して使える製品を提供する事、そしてこれらのお客様にきめ細かく
サービスとして提供する事 などを基本思想としたのです。

 また、製品ライフサイクルの短命化が加速するなかで供給リードタイム、
オンデマンド対応を実現するスピード経営、さらに独創的なユニーク経営への
自己革新が求められています。
 発想の転換が技術の差を生み出すよう
『考え方が変われば行動が変わる。行動が変われば業績が変わる。』を信念に、
ラインとスタッフ全てが『
チャレンジ精神』と『創造』を経営理念として
邁進しております。

Tokyo Electric Wire Industrial Co., Ltd. was founded in Komae city of Tokyo in 1954.
Since the opening of Headquarters' factory (JIS mark certified factory) in 1961, we have developed the business of appliance wiring material and established good reputations.

After entering in the electronic devices market, we have been committed to conduct its business with the conviction that we must fulfill severe requirements from the users' point of view in order to expand and advance our company. To provide our unique products meeting with customer's demands, to keep delivery dates on time, to supply our products by appropriate prices, to provide our products to customer's relief, to give excellent services to our esteemed customer, these are our basic philosophies on customer satisfactions.

Recently the life cycles of products are getting shorter and shorter. We are requested the self-innovation for quick lead time, on-demand response, and creative unique management.
It is also requested for all employees to change the conceptions that generate competitive power of technical skills eventually.

Our faith is that “Change your way of thinking, then you can change your actions.
Change your actions, then you can improve your performances.” We, the Tokyo Electric Wire Industrial Co., Ltd. will globally take a new step forward with our corporate policies“Challenging Spirit”and“Creativity”.

 
沿    革
H i s t o r y